コンテンツにスキップする

豪マッコーリー、証券と商品・金融市場グループ統合へ-人員削減せず

  • 関係者によれば、新部門で差し迫った人員削減の計画はない
  • 売買執行、調査、デリバティブ、トレーディング、債券、為替、商品を統合

オーストラリア最大の投資銀行マッコーリー・グルー プはトレーディング活動の一体的な運営を目指し、3つの資本市場部門のうち、2つを統合する。

  マッコーリーの29日の発表によれば、証券グループと商品・金融市場グループの合併によって、売買執行と調査、デリバティブ(金融派生商品)、トレーディング、債券、外国為替、商品の各業務が新部門の下で統合される。事情に詳しい関係者の1人によれば、新部門で差し迫った人員削減は計画されていないが、自然減に伴う減員の可能性はあるという。

  1997年から商品・金融市場グループを統括してきたアンドルー・ダウン氏が、新設のコモディティーズ・グローバルマーケッツ・グループの責任者に就任する。

原題:Macquarie to Merge Trading Businesses Into New Unit Led by Downe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE