コンテンツにスキップする

欧州債:ドイツ債が大幅上昇、イタリア債とのスプレッド拡大

28日の欧州債市場では、イタリア政府の行方など新たな脅威が意識され、ドイツ債など安全な資産に資金が集まった。ドイツ10年債とイタリア10年債の利回り格差(スプレッド)は189ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)と、終値ベースでは2014年5月以来の大きさに拡大した。

  イタリアでは12月4日の国民投票で憲法改正が否決され、レンツィ首相は辞任に追い込まれるとの観測が強まっている。この場合、最大で同国内の銀行8行に破綻のリスクが生じるとみられている。

  ドイツ10年債利回りは5bp低下の0.19%、イタリア10年債利回りは2bp低下の2.06%。スペイン10年債利回りは1bp低下の1.56%となった。

原題:Trump Trades Falter as Stocks Fall, Treasuries Rally With Gold(抜粋)
EUROPEAN WRAP: Italian Banks Lead Stocks Lower Ahead of Vote(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE