28日のインド株式市場では中型株と小型株の指数がそれぞれ2週ぶり高値となったほか、指標のS&P・BSEセンセックスは前週末に続き続伸。アジア株の上昇に連れて国内機関投資家から買いが入った。

  携帯電話サービスのブハルティ・エアテルは1カ月ぶり高値。電力会社のNTPCは3カ月ぶり高値となった。一方、インド準備銀行(中央銀行)が急増した顧客預金の一部を中銀に預け入れるよう市中銀行に求めたことを受けて銀行株は売られ、銀行株の指数は日中ベースで4カ月ぶり安値を付けた。
 
   センセックスは前週末比0.1%高の26350.17で終了した。

原題:MidCaps Advance for Second Day as Indian Funds Extend Purchases(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE