コンテンツにスキップする

米金融株にかすかな危うさ、11月に時価総額3000億ドル増加

  • 銀行株の時価総額は今月、過去最大の伸びとなる勢い
  • 金融株ETFのオプション取引や空売り動向に警戒感ほとんど見えず

失望を招くのが専門だった銀行株に対して楽観論がかつて無いほど高まっている。

  米国の金融機関の時価総額は11月に入って既に3000億ドル(約33兆5000億円)強増加した。ドナルド・トランプ次期米大統領の政策方針への期待感を追い風に、銀行株の時価総額は今月、過去最大の伸びとなる勢いを見せている。ディーラーがプロテクティブ・オプション取引で請求するプレミアムはただ同然で、空売りは一斉に買い戻しされている。

  

Record Rally

  マッコーリー・グループのアナリスト、デービッド・コンラッド氏によれば、きっかけはトランプ氏の当選だ。トランプ氏は金融業界に「新たな世界秩序」を導入し、トレーディングを活性化させ、規制を廃止し、金利を押し上げるという。エバーコアISIのグレン・ショア氏の言う「アニマルスピリッツ」が投資家の間に再燃する中、懐疑的な見方もある。

  RNCジェンター・キャピタル・マネジメントのダニエル・ジェンター最高経営責任者(CEO)は「もっと慎重になる必要がある。過熱感の中で買ってはならない」と指摘した。

  ただ、この忠告を現時点で聞き入れる人はいないようだ。ブルームバーグの集計した3カ月物オプション取引のデータによれば、最大の金融株ETF(上場投資信託)のプットの価格が今月、コールに対して急落し、スキューとして知られるスプレッドは1年ぶりの低水準を付けた。同ETFの空売り残高は約5%から約1%に低下した。

Bears Capitulating

  銀行株の需要が現状のように高まった過去の事例を振り返ると、リターンは貧弱だった。ブルームバーグの集計データによれば、1990年以降にS&P500種金融株指数の時価総額が2000億ドル超増加したケースは3回あったがその後のリターンは振るわず、3カ月後に指数は約8%下落していた。

原題:Whiff of Danger in Bank Stocks Returning $300 Billion in 25 Days(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE