コンテンツにスキップする

シンガポールのGIC:ビッグデータ専門家を採用-クオンツ戦略推進

  • 米NJ工科大のレシー元准教授、10月にGICに入社
  • GICはシステマチック・インベストメント・グループを増強

政府系ファンド(SWF)のシンガポール政府投資公社(GIC)は、ビッグデータの専門家を採用した。同社は今年先にクオンツグループを創設し、コンピューター主導の投資を拡大している。

  GICの広報担当者によると、同社は10月に、マイケル・レシー氏を新設の役職であるチーフデータサイエンティストに指名。同氏はGICデータ・アンド・アナリティクス・デパートメントに所属する。同氏は米ニュージャージー工科大学の元准教授。シンガポールを拠点とし、公表データの収集とパターン分析に重点を置く。

  広報担当者によれば、GICは数年間にわたってクオンツ投資戦略を採用しているが、これらの活動を今年創設したシステマチック・インベストメント・グループに統合した。同グループは、米ゴールドマン・サックス・グループの元エグゼクティブディレクター、パーシー・ウォン氏が率いている。

  変動性の高い市場で、投資家が機械を利用し感情を排除することによってより高い利益を上げたり、資本を保護したりしようとする中、アルゴリズムを利用した投資の推進は、国際的な戦略シフトの一環だ。GICは7月に、大半の資産クラスは、向こう10年間の投資リターンを圧迫すると予想される「高バリュエーションの問題で苦しめられている」と指摘。新分野で追加リターンを上げることを目指している。
  
原題:Singapore’s GIC Hires Big Data Expert in Quant Strategy Push(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE