コンテンツにスキップする

JAXA:独自の宇宙開発を模索、創薬やロボットも-米中と差別化

  • 少ない予算で現実的な研究積み上げ、民間企業とも提携
  • 探査機「はやぶさ2」は小惑星でサンプル採取し、20年に地球帰還へ

米国と中国が国家の威信を懸けて巨額の資金を投入し、いつか火星に人類を送り込もうとつばぜり合いを繰り広げる中で、日本は独自の路線を進んでいる。宇宙航空研究開発機機(JAXA)は、金星や水星に観測衛星を送るプロジェクトに取り組みつつ、人類により直接的に貢献できるような開発や研究にも従事している。

  金星探査機「あかつき」は2015年7月に周回投入され、硫酸の雲に覆われ地表温度が400度以上となる金星の大気の動きを観測している。水星探査では欧州宇宙機関(ESA)と共同ミッションに取り組んでおり、16年度中に衛星を打ち上げる計画だ。磁場や表層を観測し、惑星の起源と進化を研究する。さらに14年に打ち上げた探査機「はやぶさ2」では、地球の海水の起源を探求する目的で、18年に地球に近い軌道を持つ小惑星に到着しサンプルを採取、20年に地球に帰還する予定だ。

space japan 1

有人実験施設「きぼう」日本実験棟

Source : JAXA/NASA

  JAXAの奥村直樹理事長は「今も国際間のスペースレース(宇宙開発競争)があるし、やむことは恐らくない」と、ブルームバーグとのインタビューで述べた。「ただスペースレースでは、行き着く先は往復のことを考えると火星までだろう。日本もそういう路線に進むかどうかはこれから議論が必要だ」という。

予算はNASAの1割

  政府は4月に新たな宇宙基本計画を閣議決定。政策目標には「宇宙安全保障の確保」、「民生分野における宇宙利用の推進」、「宇宙産業および科学技術の基盤の維持・強化」を掲げるものの、JAXAの16年度予算は1820億円。米航空宇宙局(NASA)の10分の1以下に過ぎない。JAXAはSF映画のような壮大な宇宙開発よりも、現実的な研究を積み上げる方針を選択している。

JAXA's Spacecraft Hayabusa Reentries To Earth

小惑星探査機「はやぶさ」の大気圏再突入

SOURCE: The Asahi Shimbun via Getty Images

  奥村氏は、日本の宇宙関連市場は3000億円程度だが、「ほとんど官需が占めており、今後の成長は期待できない」と危機感を示す。日本の産業競争力を高めつつ市場規模を拡大し、海外からも受注を多く獲得する必要があると指摘する。

  奥村理事長は、民間企業への働き掛け強化の具体例として、創薬メーカーのペプチドリームとの2月の包括提携を挙げる。国際宇宙ステーションのごくわずかな重力環境を利用し高品質のタンパク質生成行い、世界初の薬品製造に向けた研究を行う計画だ。

relates to JAXA:独自の宇宙開発を模索、創薬やロボットも-米中と差別化

JAXA奥村理事長

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

投資環境

  飲料メーカーヤクルト本社とは、宇宙船内で人間の免疫力に関する共同基礎研究を14年4月から行っている。今後は素材研究やロボット工学などの分野でも成果が期待できるという。「宇宙のための宇宙ではなく、産業なり社会インフラに結びつけることで、投資が行われる環境が構築できる」と述べた。

  さらに、衛星を利用した自然環境変遷の研究は国家的な課題解決に役立つとして、奥村氏は衛星運用までをパッケージで新興国に売り込むことも検討しているという。ブラジルには国際協力機構(JICA)と提携し、自然環境や水資源開発などの観測データを活用するための支援を行っている。「これは国際貢献だが、将来のビジネス化を視野に入れたもの」と説明する。

relates to JAXA:独自の宇宙開発を模索、創薬やロボットも-米中と差別化

「きぼう」で実験をする宇宙飛行士の大西卓哉さん

Source: JAXA/NASA

  宇宙開発に詳しいIHSジェーンズのピーター・ボンド氏は、日本は科学的にも工学的にも画期的な宇宙船をいくつか開発しており、限られた予算にもかかわらず、多くの成果を上げているという。

海外受注

  JAXAと三菱重工業は2日、静止気象衛星「ひまわり9号」を搭載したH2Aロケットを打ち上げ、衛星を軌道に投入した。H2Aロケットは、これまで30機中29機の打ち上げに成功しており、海外の衛星も搭載しているが、世界的に打ち上げ受注競争は激しくなる一方。欧州のアリアンスペース、ロシアのILS、米国では新興勢力でコストの安いスペースXがしのぎを削る。中国やインド、イランやイスラエルも主に国家主導で開発に注力する。

relates to JAXA:独自の宇宙開発を模索、創薬やロボットも-米中と差別化

天文衛星「ひとみ」を搭載したH2Aロケットの打ち上げ(16年2月)

SOURCE: JAXA

  奥村理事長は、日本の宇宙関連技術は世界に誇るべき水準にあるという。11年には三菱電機がトルコから衛星を受注、今年はアラブ首長国連邦(UAE)が計画する火星探査機の打ち上げを三菱重が受注した。コスト面ではインドなどの新興国にはかなわないとしながらも、受注競争で「勝てないとは思っていない」と話す。

  ロケット打ち上げは、民営化の流れのなかで07年にJAXAの前身である宇宙開発事業団から三菱重に移管された。同社の宇宙事業部の小笠原宏副事業部長は「コストも大切だが、この業界ではスケジュールが最も重要視される」と指摘する。

「われわれがトップ」

  UAEの探査機は同国の建国50周年を迎える21年に火星到着を目指しており、H2Aによる打ち上げは20年に予定されている。契約獲得の背景について、小笠原氏は火星までの「軌道を考慮し、決まった何日かの間に打ち上げる能力が求められる。相対的に世界のオペレーターを比較した場合、きちんと打ち上げる能力はわれわれがトップだ」と語った。

  JAXAと三菱重では打ち上げコストを削減した新型ロケットH3の開発も進める。H2Aのコスト100億円の半分とすることを目指し、約1900億円を開発に投じ、20年度中に打ち上げ実験にこぎつける予定だ。小笠原氏は「これまでの収益規模を維持するために打ち上げ回数は増やしていくことを検討している」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE