コンテンツにスキップする

クリントン陣営、再集計要求に参加-「時間と金の無駄」とトランプ氏

  • プロセスが公平に進むようにするため参加-クリントン陣営弁護士
  • 「緑の党」候補がウィスコンシンなど3州の票再集計を要求

米大統領選で「緑の党」の候補だったジル・スタイン氏が3州の投票結果の再集計を求めている取り組みに民主党のヒラリー・クリントン氏の陣営も参加する。陣営の弁護士、マーク・エリアス氏が26日に表明した。これについてドナルド・トランプ次期大統領は27日早朝、「悲しい」時間と金の無駄だとツイートした。

  スタイン氏はウィスコンシンとペンシルベニア、ミシガンの3州の再集計を求めている。これが行われる場合、クリントン陣営も「全ての当事者に公平な形でプロセスが確実に進むようにするため参加する」とエリアス氏は説明した。

  エリアス氏はウェブサイト「ミディアム」への投稿で、票の再集計でトランプ氏勝利の結果が覆るとは見込んでいないとし、11月8日に実施された大統領選の有効性を徹底的に調査するためにクリントン陣営が既に行った取り組みについて説明した。

  トランプ氏は27日の一連のツイートで、クリントン氏自身が敗北を認める演説で選挙結果を受け入れる必要性に言及したことを挙げ、「同じ結果のため、どれほど多くの時間と金が使われることか。悲しいことだ」と述べた。

  スタイン氏は自身のウェブサイトで、再集計を要求する運動への寄付でこれまでに600万ドル(約6億8000万円)余りが集まったと指摘。目標は700万ドルだが、既に集まった資金でウィスコンシン州とペンシルベニア州の再集計の費用を賄えると説明した。

原題:Trump Laments ‘Sad’ Waste of Time and Money on Upcoming Recount(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE