コンテンツにスキップする

中国:深圳と香港の証取接続、12月5日開始-株式注文の相互取り次ぎ

  • 深圳証取には多くの中国テクノロジー企業が上場
  • 香港と上海の証取接続は2014年11月に始まっている

中国は深圳、香港両証券取引所による株式注文の相互取り次ぎを12月5日に開始する。当局が発表した。2014年11月からの上海に続き、2番目の本土・香港間の証取接続となる。

  深圳証取には多くの中国テクノロジー企業が上場しており、香港の投資家は香港証取経由でこれら企業の株式を売買できるようになる。

  香港証取を運営する香港取引所の李小加最高経営責任者(CEO)は資料で、「深圳との接続は国際的な投資家にとって新たな本土市場の開放」となり、本土株式市場へのアクセスと本土市場経由での香港証取へのアクセスが強化されるとコメントした。

原題:Hong Kong-Shenzhen Stock-Trading Link to Start on December 5 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE