コンテンツにスキップする

NY外為(25日):ドルは対円3週連続高、上げ幅は95年来最大

更新日時

25日のニューヨーク外国為替市場ではドルが対円で小幅安。週間では上昇し、3週間での上げ幅は1995年以来で最大だった。トレーダーの間では来月の米利上げは確実視されている。

  ドルは11月4日以降、対円で約10%値上がりし8カ月ぶり高値に上昇した。ドナルド・トランプ次期米大統領がインフレと成長の加速につながる政策を導入するとの見方から、米国債利回りは1年ぶり高水準に押し上げられ、ドルの需要を支え利上げ観測を強めた。

Most in 21 Years

  バンク・オブ・アメリカ(BofA)のアジア通貨・金利戦略共同責任者、クラウディオ・パイロン氏(シンガポール在勤)はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「比較的堅調で強いデータが続く限り、経済の耐性および政策のリーダーシップをドルが率いるとの見方は支えられる」と述べ、「当社の建玉データからも、ドルへのフローは勢いを増し続けているように見受けられる」と続けた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対円で0.2%下げて1ドル=113円06銭となっている。一時は3月15日以来の高値となる113円90銭まで上昇した。対ユーロでは0.4%安い1ユーロ=1.0599ドル。  

  最近のドルは上げが一服しているものの、日本と米国の利回り差を基準に見る場合、対円でドルが一段と上昇する余地はあると、ソシエテ・ジェネラルのグローバルストラテジスト、キット・ジャックス氏は指摘する。

  ジャックス氏は「日本の国債利回りがそれほど急速に上昇することなく、世界的な地合いも持ち応えることができる限り、ドル・円は実質利回りに連動する」と述べ、「当社は来年に120円に上昇するとみている」と続けた。

  金利先物市場が示唆する来月の利上げ確率は100%となっており、来年6月までの追加利上げの確率も65%と、週初の58%から上昇した。

Real Yields Point to Stronger Dollar vs Yen

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は4日ぶりに低下した。同指数は11月8日の大統領選挙の投票日以降、4.6%上昇した。

  オアンダのシニアトレーダー、スティーブン・インネス氏は「ドル高のバイアスは対円で引き続き鮮明に表れている」と指摘。「値動きからはドルのポジションにはまだ余裕があることが示唆される。売りを浴びても下げ幅は浅く、すぐに買い手が飛びついている」と続けた。

原題:Dollar’s 3-Week Rally Versus Yen Is Biggest Since ’95 on Fed Bet(抜粋)

(相場を更新し、第5段落以降を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE