コンテンツにスキップする

バークレイズ:本社ビル最高幹部フロアを閉鎖、400人避難-ガス発生で

英銀バークレイズはロンドンの本部ビルで、ジェス・ステーリー最高経営責任者(CEO)ら最高幹部の執務室などを含むフロアを閉鎖した。ブルームバーグ・ニュースが入手した社内メモによると、24日に化学物質による汚染が発見されたためだという。

  清掃用の薬品が混合されて塩素ガスが発生したため、約400人がカナリーワーフにある高層ビルから避難した。ロンドンの消防当局がバークレイズの名前は挙げずにウェブサイトで明らかにした。ロンドン警視庁によると、化学品がこぼれた事故には疑惑がある。

  社内メモによると汚染が発生したのは32階。30、31階が25日午前まで閉鎖されたが、午後には使用可能になったと事情に詳しい関係者が述べた。

原題:Barclays Closes Executive Floor in London After Chemical Spill(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE