コンテンツにスキップする

コロンビア:政府と左翼ゲリラが新和平合意に調印-議会承認で成立へ

  • 当初の合意案は10月の国民投票で否決された
  • 和平努力が評価されサントス大統領はノーベル平和賞を受賞する

南米コロンビア政府と左翼ゲリラのコロンビア革命軍(FARC)は24日、首都ボゴタで新たな和平合意文書に調印した。10月2日の国民投票では当初の合意案が否決されていた。

  サントス大統領は、与党が主導権を握る議会に修正和平合意案の審議を要請。今回の合意案は国民投票にはかけられず、議会承認で成立する。同大統領は和平妥結への取り組みが評価され、今年のノーベル平和賞を受賞することが決まっている。52年続いた内戦では20万人以上が死亡した。

原題:Colombia and FARC Rebels Give Peace a Chance -- Again (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE