コンテンツにスキップする

中国経済は11月も安定、発表早い民間指標が示す-不動産市場抑制でも

  • 衛星画像を使った中国の製造業指数は51.4と5年ぶりの高水準
  • スタンダードチャータードの中小企業景況感指数は55と前月から低下

中国で不動産価格の抑制策が講じられているにもかかわらず、景気は11月に入っても安定を維持している。最も早く発表される民間の中国経済指標で明らかとなった。

  衛星画像を使った中国の製造業指数は5年ぶりの高水準を付けたほか、大企業の景況感が改善し、鉄鋼メーカーの受注も増えた。一方、不動産市場の沈静化策や過剰生産能力の削減が響き、中小企業の先行き期待は前月から悪化した。

  サンフランシスコに拠点を置き、商業衛星の画像を使って数千に上る生産施設の動向を観察しているスペースノウによれば、11月の中国サテライト製造業指数は51.4に上昇、2011年半ば以来の高水準を付けた。中国当局が発表する製造業購買担当者指数(PMI)と同じく、50が活動拡大・縮小の境目になる。

Factory Rally

  11月のS&Pグローバル・プラッツ・チャイナ・スチール・センチメント指数は59.37と前月の48.92から大幅上昇した。鉄鋼価格の上昇や受注の伸びが寄与した。同指数は中国が拠点のトレーダーや製鋼所など約75-90の市場参加者を対象とする調査が基になっている。

  マーケット・ニュース・インターナショナル(MNI)が発表した11月の中国景況感指数は53.1と、10月の52.2から上昇。大企業の状況は底堅く推移していることを示唆した。同指数は上海・深圳の証券取引所に上場する企業幹部に対する調査に基づいている。

  一方、11月のスタンダードチャータード中小企業景況感指数は55に低下。10月は56.1だった。北京在勤の中国担当エコノミスト、申嵐氏はリポートで、現況指数はやや改善したが、期待指数が57と10カ月ぶりの低水準を付けたと説明。規模が小さめの企業への銀行融資も減速したと指摘した。

原題:Early Indicators Show China Economy Remains Stable This Month(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE