コンテンツにスキップする

独アリアンツ:57兆円の資産運用部門、中国本土で法人設立の認可申請

ドイツの保険会社アリアンツは、独資産運用部門アリアンツ・グローバル・インベスターズが中国本土での法人設立に向け認可申請したことを明らかにした。同社傘下の米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)も中国本土市場に参入する意向を示していた。

  アリアンツの広報担当トーマス・アトキンズ氏は24日、電話取材に対し「アリアンツ・グローバル・インベスターズは、中国で外資独資法人設立の認可を申請する過程にある」と述べた。それ以上の詳細は明らかにしなかった。

  アリアンツ・グローバル・インベスターズの運用資産は約4810億ユーロ(約57兆6800億円)で、PIMCOの運用資産は1兆5500億ドル(約176兆円)。PIMCOのアジア太平洋事業責任者のエリック・モゲロフ氏は9月、1、2年後に恐らく中国本土市場に参入していると述べていた。

  アリアンツの中国をめぐる意向についてはロイター通信が先に報じていた。

原題:Allianz’s $508 Billion Fund Management Unit Seeks China License(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE