コンテンツにスキップする

ベネズエラ通貨、月間ベースで過去最大の下落-予想超える急落

  • 「強いボリバル」と呼ばれるが、今月これまでに45%下落
  • 既に3桁台のインフレ率が通貨安でさらに上昇も

ベネズエラの通貨は「強いボリバル」と呼ばれるが、わずか数週間前のアナリスト予想を超える下げを記録している。マネーサプライ(通貨供給量)拡大に伴い流通した資金が供給量の少ないドルに向かい、ボリバル売り・ドル買いが広がった。

  カラカスの為替相場を追跡するウェブサイト、ドラートゥデー・ドットコムによると、ボリバルは24日に1ドル=2753ボリバルと、今月これまでに45%下落。ブルームバーグの集計データによると、これは月間として過去最大の下げ。

Venezuela's Currency Sees Biggest Monthly Decline Ever

  カラカスのコンサルティング会社エコアナリティカのディレクタ ー、アスドルバル・オリベロス氏は電話取材に対し、「当局が金融システムへの資金供給を加速する形で再開し、これまで抑圧されてきた需要が解き放たれている」とし、「流通しているボリバルがあまりにも多い。人々の選択肢はモノを買うかドルを買うかだ」と語った。

  トリノ・キャピタルのチーフエコノミスト、フランシスコ・ロドリゲス氏は7日のリポートで、6カ月間にわたって安定した動きを見せていたボリバルが10月に下落に転じたことで、闇市場でのボリバル相場が年末時点で1ドル=1990ボリバル近辺になるとの見通しを示していた。同氏は14日のリポートで相場見通しを2327ボリバルに修正。アルコール飲料や飲食店、エレクトロニクス、家電など闇市場の取引レートに敏感な一部セクターでインフレ率が今後数カ月に加速し始める可能性が高いという。

  ブルームバーグ調査に参加したアナリスト13人の予想中央値によると、2016年のインフレ率は400%に上昇する見込み。予想レンジは257-1500%。

  ベネズエラ中央銀行とブルームバーグの最新データによると、国内のマネーサプライはこの1年間に127%増えた。

原題:Venezuela’s Currency Just Had the Biggest Monthly Collapse Ever(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE