トランプ氏:キヤリア米工場のメキシコ移転阻止で「前進しつつある」

  • 製造業の国外移転阻止で介入を表明したのは1週間で2回目
  • キヤリアは移転で1400人削減する計画と発表していた

トランプ次期米大統領は24日、米空調機器メーカー、キヤリアによるメキシコへの工場移転を阻止する自身の取り組みが「前進しつつある」とツイッターで明らかにした。

  トランプ氏は「近いうちに分かるだろう」と述べ、インディアナ州にあるキヤリアの工場移転回避に向け、自分が「感謝祭」の祝日にも努力していると述べた。

  キヤリアはツイッターで、トランプ氏のチームと協議を行っており、次期政権との協力を楽しみにしているとコメント。「現時点では発表することは何もない」としている。同社は今年、メキシコへの移転で1400人の削減計画を発表していた。

  トランプ次期大統領が米国内の製造業の国外移転を阻止するために介入したと表明したのはこの1週間で2回目。同氏は先週、フォード・モーターにケンタッキーの工場を維持するよう説得するのを自分が支援したと述べたが、フォードはそもそも同工場を閉鎖する計画はなかったと説明している。

  キヤリアの工場移転計画は、決定を伝える様子が従業員に携帯電話で撮影され、映像がソーシャルメディアに流れたことで全国的な注目を集め、親会社のユナイテッド・テクノロジーズが批判を浴びた。トランプ氏は4月、大統領に就任すればキヤリアがメキシコ工場で製造する製品に高率の関税を課すと表明。そうすれば「『大統領閣下、われわれはとどまることを決めました。インディアナポリスに戻ります』と24時間以内に彼らから連絡が来るだろう」と述べていた。

  ユナイテッド・テクノロジーズの担当者はキヤリアのツイート以外にコメントはないとした。キヤリアとの協議についてトランプ氏の政権移行チームの担当者に追加情報を求めたが返答はない。

原題:Trump Sees Progress in Effort to Keep Carrier Plant in U.S. (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE