コンテンツにスキップする

BNPパリバ、2020年までに最大3600億円投資も-デジタル化促進など

フランス最大の銀行BNPパリバは、デジタル化やその他のサービス向上に向こう4年間で数十億ユーロを投じることを検討している。労組が同行最高幹部と協議した内容として明らかにした。

  フランス労働総同盟(CGT)が24日発表したところによると、BNPのジャンローラン・ボナフェ最高経営責任者(CEO)が今週CGTの代表者らに対し、同行では顧客向けに新たなアプローチと手段を思い描いていると伝えた。デジタルサービスの促進を中心に、2020年までに20億-30億ユーロ(約2400億-3600億円)を投資することなどが計画にあるという。

BNP Paribas SA Headquarters And Branches As France's Largest Bank Pledges Cost Cuts

BNPパリバ本社のロゴ

Photographer: Jason Alden/Bloomberg

  BNPパリバは新たな4カ年事業計画の策定を進めており、来年初めに正式に提示する見込み。過去最低の金利が収入を圧迫し、規制当局による要求も厳しさを増しているが、2016年の業績目標は堅持している。

原題:BNP Paribas Mulls 3 Billion Euros in Investments Through 2020(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE