コンテンツにスキップする

ECBが債券貸し増やせば流動性高まる-レポ市場の逼迫緩和は疑問

欧州中央銀行(ECB)が購入した債券を積極的に貸し出す計画は債券市場の流動性を高めるだろうが、レポ市場の逼迫(ひっぱく)の緩和にはつながらない可能性がある。

  量的緩和プログラムの下でのECBの購入が、レポ取引で担保として利用できる債券の不足につながっている。レポ取引は金融市場の重要な資金循環経路の一部だが、債券不足によって目詰まり傾向にある。

  みずほインターナショナル(ロンドン)の金利ストラテジスト、アントワーヌ・ブベ氏は「ECBは債券貸し出しの金利を下げるか債券の償還期限についての柔軟性を高めるかによって、積極的にレポ市場の流動性を高める必要がある」と話し、それが確実になるまではあまり期待できないと述べた。

  ECBは債券買い入れプログラムで購入した国債を、レポ取引の担保に使うために銀行が借り入れることを容易にする方法を模索していると、ロイター通信が23日に報じ、ECBの報道官も債券貸しプログラムについて継続的に見直していると認めた。

Bond Reversal

原題:ECB Bond Lending to Spur Liquidity But May Not Ease Repo Squeeze(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE