コンテンツにスキップする

米次期財務長官、元米銀CEOのアリソン氏も候補者入り-関係者

  • ムニューチン氏が依然最有力、マコーミック氏らも検討
  • アリソン氏はケイトー研究所所長も務め、現在はモエリス幹部

次期米財政長官の候補者リストに、ノースカロライナ州を拠点とする銀行持ち株会社BB&Tのジョン・アリソン元最高経営責任者(CEO)が加わったもようだ。トランプ次期大統領の人事選考過程に詳しい関係者2人が明らかにした。

  同関係者によると、ゴールドマン・サックス・グループでパートナーを務めたスティーブン・ムニューチン氏が依然として最有力で、ブリッジウォーター・アソシエーツのデービッド・マコーミック社長も候補として検討されている。一部の関係者は、テキサス州選出のジェブ・ヘンサリング下院議員の線も残っていると話す。

  ブラックストーン・グループ不動産部門のグローバル責任者、ジョナサン・グレイ氏の可能性もあったが、同氏はブラックストーンでまだ「やるべき仕事がたくさん」あるとのコメントを23日に発表した。

  アリソン氏(68)は現在、投資銀行モエリスのディレクターで、ワシントンのシンクタンク、ケイトー研究所の所長やCEOを務めた経歴もある。米連邦準備制度や、サブプライムの住宅ローン崩壊後に政府が金融機関から不良資産を買い取る目的で創設した「問題資産購入計画(TARP)」には、批判的な姿勢をとり続けている。

  
原題:Ex-BB&T CEO Allison Said to Be in Running for Treasury Chief (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE