コンテンツにスキップする

NY外為(23日):ドル指数が10年ぶり高水準に、成長継続の見方

更新日時

23日のニューヨーク外国為替市場でドルが上昇、ドル指数は約10年ぶりの高水準に達した。この日発表された経済指標を受け、米経済成長は引き続き順調と市場は判断、利上げの論拠がさらに強まったと解釈した。

  ドルは主要通貨の大半に対して上昇。米連邦準備制度理事会(FRB)が公表した連邦公開市場委員会(FOMC、11月1-2日開催)議事録によると、金融政策当局者らは労働市場のタイト化を指摘し、一部は12月に利上げすべきとの見解を示した。10月の米耐久財受注統計では、航空機を除く非国防資本財(コア資本財)の受注が増加。過去5カ月で4回目のプラスとなった。

Dollar Rallies

  ドイツ銀行の外為調査グローバル共同責任者、アラン・ラスキン氏(ニューヨーク在勤)は、「議事録にはFOMCが12月に政策金利を変更しないことは一切示唆されなかった」と述べ、「大統領選挙と財政刺激策の見通しを市場は注視している。次回のFOMC会合だけではなく、来年やそれ以降の引き締め見通しも注目されている。政策の組み合わせがしばらくドルの強い支援材料になるとみられている」と続けた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.6%上昇。一時は少なくとも2005年以来の高水準に上昇した。ドルは対円で1.2%上昇して1ドル=112円52銭。

  金利先物市場では12月13ー14日に開かれるFOMCでの利上げ決定は確実とされており、関心は来年以降に移った。市場が織り込む来年6月までの追加利上げの確率は、50%を超えている。

  HSBCホールディングスはドル相場の見通しを上方修正。選挙結果を受けて金利が上昇すると予想している。

  ただ、ダラフ・マー氏(ニューヨーク在勤)氏を含むHSBCのストラテジストはリポートで、トランプ次期政権の政策に確実性が欠如しているため、「外国為替市場では選挙結果を確信をもって織り込むのが難しくなっている」と指摘した。
  

原題:Dollar Rallies to Decade High as U.S. Growth Remains on Track(抜粋)

(相場を更新し、最終3段落を加えます.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE