コンテンツにスキップする

クレディS前CEOが商業銀行を計画、王族などの支援で-関係者

  • 王室や政府系ファンドなどから既に約3300億円を集めた
  • M&A助言のほか、トレーディングや引き受けなども行う可能性

クレディ・スイス・グループ前最高経営責任者(CEO)のブレイディ・ドゥーガン氏は、王室や政府系ファンド(SWF)の支援を得て商業銀行を立ち上げる計画だ。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  計画が部外秘だとして匿名を条件に語ったこの関係者によれば、ドゥーガン氏はこれまでに約30億ドル(約3300億円)を集めており、2017年1-6月(上期)に銀行事業を開始する予定。中東やアジアの支配層一族、極めて富裕な実業家、SWFなどのネットワークを背後に持つセプター・パートナーズが資金を出している。

  こうした資金支援のおかげでドゥーガン氏の商業銀行は、ウォール街のトップクラスの幹部が始めた他のブティック型金融会社よりも強固な基盤を持つことになる。また、買収・合併(M&A)の助言を中心業務にすることの多い他社と異なり、同氏はセプターの資金を使って顧客の資金調達引き受けやトレーディングなども行う可能性があると関係者は話す。

  ドゥーガン氏(57)にコメントを求めるメッセージを送ったが、現時点で返答はない。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は22日に先に同氏の計画を報じていた。同氏は昨年6月にCEOを退任した。

原題:Credit Suisse’s Dougan Said to Land $3 Billion for Merchant Bank(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE