コンテンツにスキップする

トランプ氏にあざ笑われたバンカー、次期政権の政策ににんまり

  • ウォール街は減税や規制緩和による恩恵期待
  • 「誰もが幸せそうだ」と大手銀行対象コンサルタント

米大統領選挙でドナルド・トランプ氏が勝利した後、ウォール街のコンサルタント、オクタビオ・マレンツィ氏は顧客たちの笑顔に気付いた。

  「今までは微笑をみせることすらなかった私の顧客たちがにこにこしている」と大手銀行を顧客に数えるオピマスの創業者のマレンツィ氏が述べた。「私が話す相手は誰もが幸せそうだ」という。

  選挙運動中にトランプ氏は時に、金融業界人を貪欲な犯罪者のように描いて見せた。にもかかわらず、金融業界は選挙後数日内に、トランプ政権への期待を露にした。金融規制緩和やインフラ投資拡大、上位1%の富裕層の減税など、トランプ氏が約束した政策への期待が高まった。

Trading On The Floor Of The NYSE While U.S. Stocks Fluctuate Amid Data as Investors Await Yellen Speech

ニューヨーク証取近くのウォール街のビル

Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

  破産コンサルタントでデベロップメント・スペシャリスツ社長のビル・ブラント・ジュニア氏はクリントン夫妻の友人だが、20分ほどで選挙結果から立ち直った。同氏は2010年の金融規制改革法(ドッド・フランク法)の緩和の可能性に期待している。

  選挙運動中はウォール街を批判していたトランプ氏だが、投票日後の週末前には既に、ゴールドマン・サックス・グループ出身のスティーブン・ムニューチン氏らが移行チームに顔をそろえていた。

原題:Bankers Trump Ridiculed Are Already Embracing Hでis Future Regime(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE