コンテンツにスキップする

ドラギ総裁、ECBで一番にあらず-中銀総裁報酬はベルギーが最高

欧州中央銀行(ECB)政策委員会で序列トップはドラギ総裁かもしれないが、報酬面では間違いなくそうではない。

  ブルームバーグがまとめたデータによると、ドラギ総裁の年間報酬は38万6000ユーロ(約4550万円)。だがベルギー、イタリア、ドイツの各中銀総裁はこれを上回る。ベルギー中銀のスメッツ総裁が約48万ユーロと最高で、最低だったバシリアウスカス・リトアニア中銀総裁のほぼ6倍にも達していた。

relates to ドラギ総裁、ECBで一番にあらず-中銀総裁報酬はベルギーが最高

  中銀総裁の報酬に明確なパターンはほとんど見られない。ベルギー経済はドイツ経済の8分の1程度の規模でしかないが、スメッツ総裁の報酬はドイツ連銀(中央銀行)のバイトマン総裁よりも10%多い。ユーロ圏で経済規模が最も小さい国の1つであるキプロス中銀総裁は、域内で経済規模が4位のスペインの中銀総裁より多くもらっている。

  国民1人当たりの国内総生産(GDP)が域内の最高水準にあるルクセンブルクの中銀総裁報酬もリストの比較的低位。ライネシュ同行総裁の2015年の報酬は18万1000ユーロだった。
 
  ユーロ圏外でもこの傾向は同じで、格差は大きい。英イングランド銀行カーニー総裁の年間報酬は48万ポンド(約6600万円)で、さらに住宅手当が付く。一方、米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長の昨年の報酬は19万9700ドル(約2210万円)だった。スイス中銀のヨルダン総裁は87万6500フラン(約9610万円)で、年間の電車定期も支給されている。

  これら中銀幹部の報酬は民間銀行幹部のそれと比べると色あせる。ドイツ銀行のクライアン最高経営責任者(CEO)は昨年賞与を辞退したが、それでも190万ユーロを手にした。BNPパリバのボナフェCEOは約350万ユーロの報酬パッケージを受け取った。

原題:Brussels Outranks Frankfurt in Pay League for Central Bankers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE