コンテンツにスキップする

中国に為替レートの柔軟性向上促す-IMFのリプトン筆頭副専務理事

国際通貨基金(IMF)のリプトン筆頭副専務理事は22日、中国はより柔軟性のある為替レート政策に向け動くべきだと述べ、同国の経常黒字はまだファンダメンタルズ(経済の基礎的諸条件)に沿ったものになっていないと指摘した。

  北京でのIMF主催のイベントに出席したリプトン氏は、中国では民間セクターの債務が非常に高い水準にあり、企業の債務返済能力に疑問が生じていると説明。多額の債務にもかかわらず赤字企業に生産と借り入れを続けることを容認すれば、景気を損ねる恐れがあるとの認識を示した。

  同氏は企業債務の増加で国による介入を余儀なくされ、公的債務が押し上げられる可能性があるとも語った。

原題:IMF’s Lipton Says China Should Make Exchange Rate More Flexible(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE