コンテンツにスキップする

OPECの国別生産枠協議、準備会合で進展-リビアの理事が説明

石油輸出国機構(OPEC)が来週の総会で世界的な原油供給過剰を抑制する取り決めをまとめることができるとの見方が、石油トレーダーやアナリストらの間で強まった。総会を前に2日間の日程で準備会合が21日から開かれている。

  OPECの代表らは国別の生産枠割り当てについての協議が良好な進展を見せたと説明。リビアのオウンOPEC理事は21日夕方、ウィーンのOPEC本部を去る際に同日の協議はうまくいったと述べた。この準備会合は22日も行われる。

原題:OPEC Quota Talks End First Day as Optimism on Deal Grows (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE