コンテンツにスキップする

米中関係は「大き過ぎてつぶせない」-中国共産党が機関紙で主張

更新日時

中国と米国は「大き過ぎてつぶせない」関係であり、米国のトランプ次期大統領は世界の2大経済大国の関係改善を進め、決して関係を悪化させないことを確実にする責務を共有している。中国共産党の機関紙、人民日報が22日の論説でこう主張した。

  同紙は米中関係の重要性は自明であり、両国関係が破綻すれば世界的な災難につながりかねないと指摘。習近平国家主席がトランプ氏と先週の電話会談で訴えたメッセージを繰り返し、両国の協力が関係維持のための唯一の正しい選択だと論じた。

  「協力的な中米関係が世界中に大きな恩恵をもたらすと予測するのは難しくない」とした上で、「しかしながら両国が摩擦、さらには対立に巻き込まれるようなことになれば、両国と世界にとっての災難となる」との認識を示した。

  人民日報は習主席とトランプ氏による初の意見交換は生産的だったと説明した。

原題:China Calls on Trump to Ensure Better Ties Between Two Nations(抜粋)

(最終段落を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE