ゴールドマン・サックス・グループはブロックチェーン連合「R3 CEV LLC」から脱退した、と事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。他行も近く追随する可能性があるという。金融業界を代表する同連合が分裂しつつある可能性を示唆している。

  匿名を条件に語った関係者のうち2人は、ゴールドマンの脱退の理由について、同連合の構造や協調能力に関わるものであり、仮想通貨ビットコインを支えるブロックチェーン技術の可能性とは関係がないと説明。R3は株式発行による資金調達の準備を進めているが、ゴールドマンは取締役1人の派遣を伴うR3への大型出資はコストが高過ぎると判断したという。

  ゴールドマンの脱退は、JPモルガン・チェースやバンク・オブ・アメリカバークレイズを含む70余りの金融機関で構成されるR3にとって打撃となる。R3はブロックチェーンを土台とする技術を使って証券取引を決済・記録し、支払いを行うシステムの構築を目指してきた。

  R3のマネジングディレクター、チャーリー・クーパー氏は電話取材に対し、ゴールドマンの脱退を確認した。

  スペインのサンタンデール銀行もR3から脱退すると、同行広報担当者が明らかにした。同行は、ブロックチェーン技術に関わる他の事業に開発の取り組みを集中させると決定した。

  ゴールドマンの脱退については米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が21日に先に報じていた。

原題:Goldman Quits R3 Blockchain Group, Other Banks Said Next (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE