コンテンツにスキップする

英で百万長者減る、家計資産166兆円減少-円高で日本2660兆円に増加

英国のミリオネア(百万長者、ドル建て換算)の数が、今年6月までの1年間で15%減少した。英国民投票での欧州連合(EU)離脱の選択に伴い、ポンド相場と株価が動揺したことが響いた。スイス銀行2位のクレディ・スイス・グループが年次報告書で指摘した。

   クレディ・スイスが22日公表した「グローバル・ウェルス・リポート」によれば、EU離脱の選択に伴う「直接的な影響」として、英国の家計資産は約10%、1兆5000万ドル(約166兆円)相当目減りした。英国の成人約4900万人の資産の合計額は14兆ドルに上り、100万ドル以上の資産を保有するミリオネアは全体の約5%を占める。

  これに対し、日本の家計資産は円の対ドル相場上昇の影響で19%増加し、24兆ドル(約2660兆円)に達した。

原題:U.K. Millionaire Ranks Shrink 15% on Brexit, Credit Suisse Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE