コンテンツにスキップする

中国安邦、日本の不動産取得に近づく-ブラックストーンから2450億円

1479771008_tokyo japan property
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg
1479771008_tokyo japan property
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

中国の安邦保険集団は米ブラックストーン・グループから日本の住宅用不動産の買収に近づいている。事情に詳しい関係者が明らかにした。安邦は昨年も日本の不動産資産の取得に動いたが、破談に終わっていた。

  発表前のため匿名を希望した関係者の1人によると、今週内にも取引が成立する可能性がある。取引額は約23億ドル(約2450億円)に上る見込み。別の関係者は、安邦は不動産資産の運用会社シンプレクス・アセット・マネジメントを昨年買収しようとしたが、協議がまとまらなかったと語った。

  安邦は中国最大手の保険会社の1社。同社の北京在勤の広報担当者、ブラックストーンの香港の広報担当者はそれぞれ取引の可能性にコメントを控えた。この取引については、ロイター通信が21日に先に報じていた。

原題:Anbang Said Near $2.3 Billion Property Purchase From Blackstone(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE