コンテンツにスキップする

中国アリババ:三江購物倶楽部の株式約3分の1を取得-約322億円

  • 三江購物倶楽部の株価は10%の値幅制限いっぱい上昇
  • アリババは実店舗型小売り分野に事業を拡大している

中国最大の電子商取引運営会社アリババ・グループ・ホールディングは18日、20億元(約322億円)余りを投じて格安スーパーマーケット・チェーンを展開する三江購物倶楽部の株式約32%を取得すると発表した。

  三江購物倶楽部の株価は21日の上海市場で、10%の値幅制限いっぱい上昇。同社の時価総額は約8億3000万ドル(約922億円)となっている。

  届け出によれば、アリババは新株15億2000万元のほか、既存株主の持ち分4億3860万元を購入し、私募形式での売却を通じて1億8000万元の転換社債も取得する。転換社債が株式に転換されれば、発行済み総数の3%相当となる。

  アリババによる実店舗型小売企業への投資では、これが最新の案件。アリババはオンラインショッピングの拡充や販売経路の新規開拓、物流網の改善を狙い、これまでに蘇寧雲商集団銀泰商業集団(インタイム・リテール・グループ)といった実店舗を持つ小売企業に資金を投じている。

原題:Alibaba Buys a Third of Discount Chinese Grocery Chain Sanjiang(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE