コンテンツにスキップする

中国人民元、対ドルで約8年ぶり安値-人民銀が中心レートを引き下げ

更新日時

中国人民元は21日、対ドルで下落。ここ8年余りの安値を付けた。中国人民銀行(中央銀行)が元の中心レートを引き下げた。

  人民元は現地時間午後4時41分(日本時間同5時41分)現在、前週末比0.12%安の1ドル=6.8963元。トランプ次期米大統領のリフレ経済政策が金融引き締めペースを加速させるとの観測からブルームバーグのドル指数は上昇し、2週間ベースの上げ幅としては2008年以降で最大となった。

  人民銀は21日の中心レートを0.27%元安方向の6.8985元に設定。13の為替レートに対する人民元動向に連動するCFETS(中国外国為替取引システム)人民元指数は、1カ月ぶりの高水準に上昇した。

原題:Yuan Falls to Eight-Year Low as Central Bank Cuts Reference Rate(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE