コンテンツにスキップする

「ハリー・ポッター」新シリーズ、初登場1位-週末の北米映画興収

  • 興行収入は推計7500万ドル-アナリスト予想の8200万ドルには届かず
  • ワーナー・ブラザーズが封切った
1479708819_fb_2
Source: Warner Bros. Pictures
1479708819_fb_2
Source: Warner Bros. Pictures

週末の北米映画興行収入ランキングで、「ハリー・ポッター」新シリーズの「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」が初登場1位となった。同作品はハリー・ポッター原作者のJ・K・ローリング氏が脚本を手掛けた。

  調査会社コムスコアが電子メールで20日配布した資料によれば、ワーナー・ブラザーズが封切ったファンタスティック・ビーストの興行収入は推計7500万ドル(約83億円)となった。ボックスオフィスプロ・ドット・コムのアナリストが予想していた8200万ドルには届かなかった。

  調査会社ボックス・オフィス・モジョによると、ファンタスティック・ビーストはマーケティング経費を除き製作に1億8000万ドルを要した。同作品は国際市場の約8割でも公開され、中国では25日に封切られる。

Top 10 Films

原題:Harry Potter Forebears Top Box Office in ‘Fantastic Beasts’ (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE