コンテンツにスキップする

シューマー氏:トランプ氏公約の米金融規制改革法撤廃、阻止可能

更新日時
  • 医療保険制度撤廃を試むならトランプ氏は敗北に直面と発言
  • 通商法の「劇的な変更」と税法の抜け穴封じには支持表明

米民主党のシューマー次期上院院内総務はトランプ次期大統領の公約である米金融規制改革法(ドッド・フランク法)の撤廃について、阻止するための票数を有していると述べた。

  シューマー氏は20日放送のNBCテレビの番組「ミート・ザ・プレス」で、こうした闘いで上院少数派の民主党が共和党議員の支援を受けるだろうと予想。「われわれはトランプ氏を阻止するための60票を持っている」と述べた。

  トランプ氏は選挙戦で、同法撤廃を公約。8日の大統領選での同氏当選を受けて政権移行チームは「ドッド・フランク法を撤廃し、経済成長と雇用創出を促進する新たな政策に置き換えるよう取り組む」方針だとしている。

  シューマー氏はまた、トランプ氏が医療保険制度改革法(オバマケア)を撤廃しようとすれば、敗北に直面するだろうとも予測。その一方で、通商法の「劇的な変更」と税法の抜け穴をふさぐことには支持を表明した。

原題:Schumer Says He Can Block Trump’s Efforts to Repeal Dodd-Frank(抜粋)

(3段落目以降に背景説明を追加し更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE