コンテンツにスキップする

イラン石油相はOPEC減産を楽観-事務局長と会談

イランのザンギャネ石油相は石油輸出国機構(OPEC)が今月末のウィーンでの会合で、原油減産で合意することを楽観視していることを明らかにした。
 
  同相は19日にテヘランで、OPECのバルキンド事務局長と会談した。

  同相は「OPECが11月の会合でコンセンサスに達する可能性は極めて高い」と指摘。「OPEC加盟国が合意を順守し、それを実行に移そうとすると思う」と語った。国営シャナ通信が同相の発言を伝えた。

原題:Iran Optimistic on OPEC Production Cuts After Barkindo Visit (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE