コンテンツにスキップする

ダドリーNY連銀総裁:トランプ政権は生産性重視の財政政策を

  • イエレンFRB議長も前日、生産性の重要性を議会で指摘
  • 財政政策のタイプによってインフレへの影響変わる-ダドリー総裁

ニューヨーク連銀のダドリー総裁はドナルド・トランプ氏が率いる次期米政権について、経済における生産能力を引き上げる方策に力を入れるべきだと述べた。

  ダドリー総裁は18日にニューヨークで、「どのようなタイプの財政刺激策を導入するかによって、経済や中期的なインフレに与える影響についての認識が違ってくるだろう」と記者団に述べた。

  前日にはイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長が議会証言で、失業率が持続可能な最低レベルもしくはその付近にあり、連邦政府の債務が対国内総生産(GDP)比ですでに高い状況にあるため、財政出動がインフレに与える影響について注意を促した。イエレン議長はまた、財政政策の策定で生産性の向上に重点を置くよう促しており、ダドリー総裁のこの日の発言と一致する。

  ダドリー総裁はさらに、トランプ氏が選挙運動で主張した保護主義的な政策について「大半のエコノミスト、実際ほとんどのエコノミストが考えているのは、開放的な貿易は長い目でみた経済成長と経済のパフォーマンスに良い影響を与えていくということだ」と述べた。

原題:Fed’s Dudley Says Trump White House Should Focus on Productivity(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE