コンテンツにスキップする

ドラギ総裁:ユーロ圏の景気、ECBの政策に依然強く依存

  • インフレ圧力、一貫して強まる傾向まだ見られない
  • 金融政策、今後数年にわたり景気回復の「重要な要因」-総裁

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は、ユーロ圏の回復は持続的なリフレーションを実現できるほどまだ強くはなく、現水準の金融政策による支援が今後数年にわたり経済見通しにとっての「重要な要因」になるだろうとの認識を示した。

  ドラギ総裁は18日、フランクフルトで講演。この講演原稿によると、「基調的な物価動向が一貫して強まる傾向はまだ見られない」と指摘し、「ユーロ圏経済に多数の明るい兆候があるにしても、回復は全般的な金融環境に強く依存しており、その環境は金融政策による支援継続にかかっている」と続けた。

  講演では、目先の政策決定について直接に言及しなかったが、インフレ率を目指す水準に戻すため必要な行動を続けるとのかねてからの発言を繰り返した。

  「将来的に、ECBの判断はインフレが目標に向けて持続的に調整していくのを見られるかどうかに左右されるだろう。つまり、金融緩和を後退させても、インフレ率が2%に向けて収れんする動きが持続できるかという点だ。換言すれば、インフレの回復が自律的である必要がある」と述べた。

原題:Draghi Says Recovery Still Highly Reliant on ECB Policy Support(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE