コンテンツにスキップする

米テスラのソーラーシティー買収計画、両社株主が承認

  • テスラのマスクCEOのワンストップ構想が今後試される
  • テスラの株主投票では賛成が85%を上回る

米電気自動車(EV)メーカー、テスラモーターズによる米ソーラーシティー買収計画が17日、両社の株主投票で承認された。テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、クリーンエネルギー志向の強い消費者にワンストップで製品・サービスを提供する企業を目指しており、その構想が試されることになりそうだ。ソーラーシティーは太陽光システム設置などを手掛ける。

  テスラの17日の発表資料によれば、同社の投票で賛成票は株式数ベースで85%を上回り、ソーラーシティーの株主も計画を承認した。買収規模は約20億ドル(約2200億円)に上る。

原題:Tesla Seals $2 Billion SolarCity Deal to Test Musk’s Vision (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE