コンテンツにスキップする

ムニューチン氏創設の銀行が融資差別と権利擁護団体が申し立て

  • ムニューチン氏が昨年売却したワンウェスト・バンクの調査求める
  • 有力とされている次期財務長官指名がこじれる可能性

米政権移行チームの主要メンバー、スティーブン・ムニューチン氏が創設し、昨年売却したワンウェスト・バンクの融資慣行などがマイノリティーの住宅購入者への公平な融資を保証する法律に違反していた可能性があるとして、権利擁護団体が米当局に調査を行うよう申し立てた。

  これら団体はワンウェスト・バンクがマイノリティーの多い地域に支店を置かず、黒人とヒスパニックの借り手と住宅ローン契約をほとんど結ばなかったと主張している。この住宅都市開発省への申し立てにはムニューチン氏個人への言及はないものの、同氏の次期財務長官指名がこじれる可能性もある。14日の段階で、政権移行チームはムニューチン氏を財務長官の最有力候補とみていると事情に詳しい関係者が明らかにしていた。ワンウェスト・バンクは現在、CITグループ傘下。

  CIT取締役会の一員であるムニューチン氏はコメントしなかった。

原題:Mnuchin’s Bank Accused of Redlining Black, Latino Homeowners (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE