コンテンツにスキップする

イエレンFRB議長:データ次第で「比較的早期に」利上げの公算

更新日時
  • 利上げは「漸進的」になるだろうとの見方は維持
  • トランプ次期政権で見込まれる政策の影響には言及せず

米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は、利上げが近いことを示唆した。米経済が健全なペースでの雇用創出を続け、インフレ率が少しずつ上昇していることが背景にある。

  イエレン議長は17日、上下両院合同経済委員会の公聴会で証言する。事前に配布された証言テキストによると、利上げについて「今後明らかになる経済指標が 連邦公開市場委員会(FOMC)の目標に向けて前進を続けるさらなる証拠を示せば、比較的早期に適切になる可能性が十分ある」と述べた。

  ただ、米当局者は将来の利上げが「漸進的」なものになるだろうと見込んでいるとし、これまで通りの見方を繰り返した。トランプ米次期大統領が実施すると想定される政策への言及はなかった。

  一方で利上げを長く待ちすぎるリスクを警告した。「FOMCが政策金利引き上げをあまりに長く遅らせれば、FOMCの2つの重要な政策目標でいずれも大幅にオーバーシュートする事態から経済を守るため、比較的急激に政策を引き締めざるを得なくなってしまうリスクがある」と指摘。「さらに、政策金利を現水準であまりに長く維持すれば過度なリスクテークを助長し、最終的には金融の安定を脅かす恐れがある」と続けた。

  イエレン議長はこうした事態が近いうちに起きる危険性は低いとの見方を示し、現在の政策が「適度に緩和的」であるにすぎないことを理由に挙げた。

原題:Yellen Says Fed Interest Rate Hike Could Come ‘Relatively Soon’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE