コンテンツにスキップする

フリン元国防情報局長が最有力、安全保障担当の大統領補佐官-関係者

更新日時
  • 米商務長官ポストは資産家ロス氏が真剣に検討されていると関係者
  • ウィルバー・ロス氏はトランプ陣営の経済アドバイザーを務めた
Donald Trump at the U.S. Capitol on Nov. 10.

Donald Trump at the U.S. Capitol on Nov. 10.

Photographer: Pete Marovich/Bloomberg
Donald Trump at the U.S. Capitol on Nov. 10.
Photographer: Pete Marovich/Bloomberg

トランプ次期米政権の大統領補佐官(国家安全保障担当)の最有力候補はマイケル・フリン元国防情報局長だと、事情に詳しい関係者2人が17日明らかにした。

  これら関係者が人選がまだ最終決定していないことを理由に匿名で語ったところでは、商務長官ポストには資産家ウィルバー・ロス氏が真剣に検討されている。ニューヨークの投資会社WLロスの会長であるロス氏はトランプ陣営の経済アドバイザーを務めており、通商上の執行措置の強化を主張している。

原題:Flynn Said to Be Lead Contender for Trump’s Security Adviser (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE