コンテンツにスキップする

米ツイッター、白人至上主義者の一部アカウントを停止

ツイッターは、白人至上主義者としてよく知られる人物の一部アカウントを停止した。同社が運営する簡易ブログ上の嫌がらせや中傷的な書き込みを抑制する措置を強化する。米大統領選をきっかけにソーシャルメディア検証機運が高まっている。

  アカウント利用が制限されたのはリチャード・スペンサー氏とパックス・ディッキンソン氏、リッキー・ボーン氏、ジョン・リバーズ氏ら。特にスペンサー氏は、白人のアイデンティティーが多文化主義によって脅かされていると考えるいわゆるオルタナ右翼活動の代表的人物とされることが多い。アカウント閉鎖はUSAトゥデーが先に報じた。

  ツイッター広報担当者は電子メールを通じた発表文で、「ツイッターの規則は暴力的な脅しや嫌がらせ、敵意に満ちた行為、多重なアカウント不正利用を禁じており、これに違反するアカウントに対しては行動を取る」と述べた。

  スペンサー氏が代表を務めるナショナル・ポリシー・インスティチュートや同氏が出版するラディックス・ジャーナルのアカウントも停止された。

原題:Twitter Suspends Accounts of Prominent White Supremacists (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE