コンテンツにスキップする

10月の米鉱工業生産指数:製造業は2カ月連続上昇、前年比はマイナス

10月の米鉱工業生産統計では製造業生産を示す指数が前月比で上昇した。製造業の伸びは2カ月連続。前年同月比では4カ月連続マイナス。

  米連邦準備制度理事会(FRB)の16日発表によると、10月の製造業生産指数は前月比0.2%上昇、伸び率は前月と同じだった。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は0.3%上昇だった。温暖な気候で公益事業部門の生産が落ち込み、全体の鉱工業生産指数(製造業、鉱業、公益事業の生産を対象、季節調整値)は10月に前月比変わらずとなった。

  4キャストのシニアエコノミスト、デービッド・スローン氏は「製造業が停滞していると懸念していたが、ある程度の成長を取り戻している。製造業の見通しは緩やかに改善されている」と述べた。

Modest Recovery

  前月の全体の鉱工業生産指数は前月比0.2%低下と、速報値の0.1%上昇から下方修正された。エコノミスト予想では10月は0.2%上昇が見込まれていた。

  公益事業生産は2.6%低下、前月は3%の落ち込みだった。鉱業は2.1%上昇と、2014年3月以来の大幅な伸び。石炭生産の拡大を反映した。石油・ガス掘削は9%上昇と、2010年1月以来で最大の伸びだった。

  鉱工業設備稼働率は75.3%と、前月の75.4%を下回った。

  製造業のうち自動車・同部品の生産は0.9%上昇。自動車・部品を除く製造業の生産は前月比で0.1%上昇(前月0.2%上昇)した。

  統計の詳細は表をご覧下さい。

原題:U.S. Manufacturing Output Rose for a Second Month in October(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE