コンテンツにスキップする

中国:通年の経済目標は必ず達成-李克強首相

  • 緩和的な金融政策と財政刺激策の強化で中国経済は今年に入り安定
  • 中国当局の関心は債務リスクや住宅価格高騰の抑制に向かいつつある

中国の李克強首相は北京で行われたセミナーで、通年の主要経済目標を必ず達成すると述べた。国営メディアが15日夜に報じた

  李首相はマクロ政策を安定させ、改善すべきだと指摘した上で、緩やかに総需要を拡大する方針を示した。雇用の安定とイノベーション促進も呼び掛けた。

  緩和的な金融政策と財政刺激策の強化で中国経済は今年に入り安定。政府が設定した通年目標である6.5ー7%の成長目標の達成がほぼ確実となっている。現在では中国当局の関心が刺激策によって生じた債務リスクや主要都市の住宅価格高騰など副作用の抑制に向かいつつある。

  UBSグループの汪涛氏(香港在勤)率いるエコノミストチームは最近のリポートで、「全般的に実体経済が一段と安定する一方、政府は依然として金融・マクロリスク管理の必要性を心配している。10月分の不動産指標の堅調を受けて不動産引き締め策が強化される可能性がある」と指摘。「われわれは2018年まで政策金利の変更を見込んでいない」と付け加えた。

原題:China Sure to Meet Full-Year Economic Targets, Premier Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE