コンテンツにスキップする

VWが米環境当局と合意、3リッター車買い戻しは一部のみ-関係者

  • 全車買い戻し回避でVWは約40億ドルを節減できる公算
  • オーナーの一部や米FTCは引き続き全車買い戻しを要求

ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)は複数の米環境当局と8万台近くの修理または買い戻しで合意に達した。事情に詳しい関係者が明らかにした。対象は排ガス不正のあった3リッターディーゼルエンジン搭載のアウディ、VW、ポルシェの各モデルで、VWは不祥事の重要な部分について解決に近づいた。

  協議が非公開であることから匿名を希望した関係者らによると、VWは米環境保護局(EPA)、カリフォルニア州大気資源局(CARB)と該当モデルに対する善後策で一致。約6万台については修理し、旧モデルで修理が困難な約1万9000台は買い戻すことでそれぞれ了解を得た。修理ではソフトウエアを更新するだけのものも含まれるという。全車の買い戻しを避けられたことで、VWは約40億ドル(約4360億円)を節減できるもようだ。

  VWは2リッターディーゼルエンジンの約50万台について業界史上最大の165億ドルを支払うことで合意済みだが、より大きなエンジンの搭載車に関しては解決に手間取っていた。今回の合意でVWは危機脱出に向け大きく前進できることになる。

  VWの排ガス不正を扱っている裁判所はまだ合意を承認しておらず、合意内容にはまだ変更の可能性も残る。またVWは同社を訴えている3リッターエンジン車のオーナーや米連邦取引委員会(FTC)とは合意していない。いずれもVWに排ガス不正対象車すべての買い戻しを要求していると、関係者は語った。

  この3リッターエンジンの開発主体で当局との協議を主導するアウディの広報担当者、マーク・クロージアー氏は今月末の審問を控え「裁判所の命令によって協議については情報を開示しないことになっている」と述べた。EPAとCARBの広報担当者もコメントを避けた。FTC広報には電話でコメントを求めたが、これまでのところ返事はない。

原題:VW Said to Reach U.S. Deal to Fix Most Tainted Audi Diesels (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE