資産家ジョージ・ソロス氏の資産を運用するソロス・ファンド・マネジメントは金を売却し、7-9月期にエネルギーや新興市場関連を含むリスク資産を積み増していた。

  14日の当局への届け出によると、ソロス・ファンドは金を裏付けとする上場投資信託(ETF)のSPDRゴールド・シェアーズのポジションを売却。同ポジションは6月末時点で3040万ドル(約32億9000万円)相当だった。その一方で、日本や中国、新興市場のETF投資は増やしていた。

  具体的にはウィズダムツリー・ジャパン・ヘッジド・エクイティ・ファンドとiシェアーズ中国大型株ETFのポジションをそれぞれ3410万ドルと2410万ドル積み増し、iシェアーズMSCI新興市場ETFを9190万ドル相当購入した。

  1-6月に25%値上がりした金は、7-9月には0.3%下げた。新興市場ETFは9%上昇。9月末までの3カ月間にソロス・ファンドがエネルギー関連8銘柄の株式を購入し、エネルギー業界への投資額を数百万ドルから1億3200万ドルに増やしたことも、届け出で分かった。

  パイプラインを所有するウィリアムズの株式317万株を購入し、9月末時点の評価額は9750万ドル。これよりも規模は小さいがカリフォルニア・リソーシズやブラジル石油公社(ペトロブラス)、ライス・エナジーにも投資した。

原題:Soros Sells Off Gold ETF, Scoops Up Energy and Emerging Markets(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE