コンテンツにスキップする

米ソフィ、生保商品を提供へ-第一生命傘下のプロテクティブと提携

  • サンフランシスコに本社を置く新興企業のソフィは急成長している
  • 40歳未満の大半は健康診断不要-オンラインで加入が完結

ミレニアル世代の高所得者向けオンライン融資を手掛ける米ソーシャル・ファイナンス(ソフィ)は、生命保険の販売を始める。

  新興企業として急成長しているソフィは、第一生命ホールディングス傘下の米プロテクティブ生命と提携し、顧客向けに最大100万ドル(約1億800万円)の定期生命保険を提供する。ソフィとプロテクティブが共同資料で14日発表した。

  加入申請は全てオンライン経由で行われ、40歳未満の大半の申請者は健康診断を求められることはないという。サンフランシスコに本社を置くソフィの財務担当バイスプレジデント、アンドレア・ブランクマイヤー氏は資料で、「業界初の商品だ。大半のケースで健康診断は不要で数分で保険に加入でき、信じ難いほど競争力のある価格設定となっている」と説明した。

  ブルームバーグは9月、ソフィが年内の生保提供開始を検討していると報じていた。ソフィとプロテクティブは提携条件を開示していない。

原題:SoFi Expands Into Life Insurance Through Deal With Protective(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE