コンテンツにスキップする

サウジSWFが資産売却を模索、海外事業拡大に向け資金調達-関係者

サウジアラビアの政府系ファンド(SWF)が国内企業の株式を売却し、海外事業拡大のための資金調達を検討していると、事情に詳しい関係者5人が明らかにした。

  話し合いが非公開だとして匿名を条件に述べた関係者によると、パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)は資産売却を模索しており、保有する株式を見直している。PIFは化学品メーカーのサウジ基礎産業公社(SABIC)など、国内上場企業の株式約1000億ドル(約10兆8400億円)相当を保有する。関係者の1人によると、PIFは国内企業の保有資産を減らしてもゴールデンシェア(政府が買収を防ぐシステム)などを通じて経営権を保持することが可能だ。

  PIFにコメントを求めたがまだ返答は得られていない。

原題:Saudi Wealth Fund Said to Explore Asset Sales for Overseas Deals(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE