コンテンツにスキップする

ロシア:7-9月GDP、前年同期比0.4%減-予想ほど縮小せず

ロシア経済は第3四半期(7ー9月)に前年同期比で縮小したものの、マイナス幅が景気後退に陥った2015年第1四半期以降で最小となった。
    
  ロシア連邦統計局が14日発表した第3四半期の国内総生産(GDP)速報値は前年同期比0.4%減で、前期の0.6%減からマイナス幅が縮小した。ブルームバーグが調査したアナリスト21人の予想中央値は0.5%減だった。ロシア経済発展省の推計値は0.4%減だった。

原題:Russian Economy Shrinks Less Than Forecast as Stagnation Looms(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE