コンテンツにスキップする

伊ウニクレディト、1.5兆円増資や仏ソシエテと合併観測の報道

更新日時

イタリアの銀行最大手、ウニクレディトは最大で130億ユーロ(約1兆5100億円)の増資を計画していると、複数のメディアが報じた。通信社ANSAはフランスの銀行ソシエテ・ジェネラルとの合併の観測について報じた。

  米紙ウォールストリート・ジャーナルは14日、ウニクレディトは増資の時期を恐らく改憲に関する来月の国民投票の後に決定するだろうと、事情に詳しい関係者の話を基に伝えた。ANSAも同日、ウニクレディトとソシエテの合併についての憶測が金融業界で広くささやかれていると報じた。詳細には触れていない。両行の担当者はコメントを控えた。

  ウニクレディトのジャンピエール・ムスティエ最高経営責任者(CEO)には、資本バッファーの拡充とさらなる株価下落の阻止という圧力がかかっている。同行は12月13日に新事業計画を発表する予定。少なくとも50億ユーロ相当の新株発行と30億ユーロ相当の劣後ハイブリッド資本証券の株式転換を検討していると事情に詳しい関係者が述べていた。イタリア紙メッサジェロも12日、ウニクレディトが110億ー120億ユーロの増資を計画していると報じていた。

  14日の株価は前週末終値を挟んで上下し、ミラノ時間午後3時7分は0.3%高。

  イタリアのレンツィ政権は12月4日に国民投票を予定している。

  ムスティエCEOはソシエテ出身で、2009年に同行を去る前は法人・投資銀行部門責任者で取締役だった。

原題:UniCredit Rises on Speculation of Merger With Societe Generale(抜粋)
UniCredit Reported to Plan Raising $14 Billion in Stock Sale (1)

(増資の報道について追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE