コンテンツにスキップする

新興市場株:4日続落、米次期政権の政策懸念で-不動産株下げ目立つ

14日の新興市場株は4営業日続落。ドナルド・トランプ次期米大統領下で支出が拡大し、金融引き締めに拍車が掛かるとの観測から、リスク資産への需要が抑制された。

  MSCI新興市場指数は香港時間午後2時53分(日本時間同3時53分)現在、前週末比0.6%安。このままいけば7月8日以来の安値で取引を終える。11業種全てが値下がり。不動産やテクノロジーなどが下げの中心になっている。

  MSCI新興市場通貨指数はほぼ変わらず。先週は週間ベースで2013年6月以来の大きな下げを記録していた。

原題:Emerging Assets Extend Rout on Trump Fiscal Plans, Ringgit Drops(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE