コンテンツにスキップする

中国:10月の新築住宅販売額、前年同月比38%増-抑制策で伸び鈍化

中国の新築住宅販売額は10月に前年同月比38%増へ鈍化した。中国当局による不動産価格抑制策の効果が表れつつあることが示された。

  中国国家統計局が14日発表した統計を基にブルームバーグが算出したところによると、10月の販売額は前年同月比38%増の9410億元(約14兆8000億円)。9月は61%増だった。

  9月後半以降、複数の都市で当局が不動産の1次取得や2軒目購入で頭金比率を引き上げたり、一部の潜在的な買い手を購入の対象外にする措置を講じたりしていた。中国銀行業監督管理委員会(銀監会)も住宅ローンや不動産開発融資に関連した業務を検証するよう各金融機関に求めていた。

原題:China Home Sales Value Rose 38% in October From Year Earlier(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE